1着しか支給されない練習着

ブログ

こんばんはサンタクルスは雨です。

グランドがボロボロなので今日はフットサル場で練習でした。

さて、練習着が1着しか支給されていない為雨だとすごく困ります。

しかし、支給された練習着を着ていかないと罰金というルールがあります。1着だけなのにそこは厳しくするんかい!って感じです。

ただこの練習着には結構特別な意味があります。

僕自身、正式に書類にサインするまでの約1ヶ月の練習生の期間は自前の練習着でした。

その期間は話しかけても来なかったチームメイトが支給された練習着を貰った瞬間

Como te llama?(名前はなに?)

と聞いてきました。

貰う前と貰った後とでは対応が全く違います。

チームメイトのコレオニはその服を着たら家族だって言ってくれました。

たかが練習着だけどこれは仲間の証みたいなやつなんですね。

日に日にコウスケって呼んでくれるチームメイトが増えています。

まあ、まだまだチーノも半分くらいいるんですが。

こういう事がたまにあるから心からチームメイトを嫌いになれないです。

そして、1着だからこそ大事にしよう。って思います。

豊かさだけが豊かさじゃないみたいな。

今日はこの辺で

ちゃお。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。