今あんまり上手くいってない人達へ

ブログ

ボリビアに来て2ヶ月が経つ。今のチームに合流して1ヶ月半。

だんだんとこっちのサッカーにも慣れてきて最近やっと手応えが感じられてる。

それでもまだ公式戦のメンバーには呼ばれない。

何であいつが呼ばれて自分が呼ばれないのか。

上手くいかない事があると矛先が向かうのも外国人。

練習試合の後、卵が飛んできたりもする。

信頼っていう目に見えない物が1番大事なポジションだからそりゃ簡単な訳がない。

数えれば理不尽な事なんてきりがない。

現実はまじで厳しい。

でも、そんな現実に直面してる人達に少しだけ伝えたい事がある。

振り返ると僕は中体連出身だし人生で全国大会に出場した事もなかった。

高校の時、練習キツすぎてサッカー辞めようと思ったけど監督が怖すぎて言い出せなかった。

走りのメニューがトラウマになりすぎて走りのメニューの前に吐いた事もある。

選手権のピッチに立った事もない。

大学1年生の時下手すぎて先輩に笑われた事もあった。

関東リーグにもインカレにも出た事はない。

高校も大学も半分位はリハビリに費やしてた。

常に怪我だらけだし自分より上手い人なんて周りに死ぬ程いた。

サッカーを辞める理由なんて山ほどあった。

特別な才能も特別なメンタルの強さも特別な環境もない自分にとって現実は常に厳しかった。

でも、諦めないで続けてみたら気づいたら南米でサッカー選手やってた。

目標にも出来なかった環境に間違いなく今僕はいる。

高校サッカーも大学サッカーも失敗したけど南米でサッカー選手になった。

日頃の行いがそこまで良くない僕でも神様はご褒美をくれた。

辛い時は良いことの前兆みたいなもんで諦めないと良いことあるよって伝えたい。

と言いつつ今の自分に言い聞かせてみたりしてる。

まあ、まとまらないけど聞いてください

seamoでcontinue

それか

般若で挑戦って事です。

読んでくれてありがとうございました。

ちゃお。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。